景清洞でスリル満点の探検コースを楽しもう! | ともマムファミリーブログ

景清洞でスリル満点の探検コースを楽しもう!

景清洞は山口県美祢市美東町にある鍾乳洞です。秋吉台リフレッシュパーク内にあります。リフレッシュパーク内には秋吉台オートキャンプ場もあります。キャンプ情報はこちらです。秋吉台オートキャンプ場の利用者には入洞料金の割引もあります。

景清洞は壇ノ浦の戦いに敗れた武将・平景清が潜んでいた洞窟とも言われています。

景清洞の受付をしよう!

景清洞では探検コースは申込が必要です。入洞料とは別に探検料を支払い、装備を貸していただきます。観光コースの先が探検コースになっています。

探検コースの装備はヘルメット・懐中電灯・長靴です。この装備を身に着けるだけで探検家な雰囲気が出ます!

装備をしたら景清洞のスタッフの方が探検コースの注意点や見どころを説明をしてくれます。

レンタル品が気になる方は長靴、ヘルメット、懐中電灯を持ち込みでもOKです。

景清洞の観光コースはこちらです。

景清洞は秋芳洞とは違い、色のついた綺麗なライトアップなどはされておらず自然な感じを楽しむことができます。

景清洞はバリアフリーになっているため、車いすやベビーカーの方も景清洞の観光コースを楽しむことができます。

景清洞の中の気温は17度前後で過ごしやすいです。

景清洞の観光コースは約60分です。探検コースを申し込んでいない方は観光コースおわりの看板から引き返します。探検コースを申し込んだら奥に進んでいきます。

景清洞の探検コースはこちらです。

景清洞の探検コースは観光コースの先にあり、観光コースはバリアフリーのため道もきれいに整備されていて明るかったのですが、いきなり真っ暗闇になります。

もちろん道も整備されていないので懐中電灯で足元を照らしながら岩の上を歩いて渡ったりとなかなかハードです!

途中コウモリの鳴き声も聞こえスリル満点です。

景清洞の探検コースでは観光コースでは触ったりできない岩や化石を間近で見て触ることもできます。

サンゴやアンモナイトや海藻などの化石を発見することができました。

景清洞の探検コースの化石の見えるゾーンから先は大人にとっての大きな試練です!

120㎝代の息子がギリギリ立って歩ける天井の先を進まないといけません!大人は常に低姿勢でヘルメットに天井がガンガン当たります!ヘルメットを貸し出された理由がここでよくわかりました。

探検コースのおわりです。受付してスタッフの方から説明を受けた際、懐中電灯を1度は消して真っ暗闇を味わってくださいと言われていたのでここで試してみましたがひんやりした空気に真っ暗闇、コウモリの鳴き声が響きすごい恐怖でした。

景清洞の探検コースの所要時間は40分程でしたが観光コースを進んでいたよりもすごく長い時間過ごしたような感覚でした。

探検コースのおわりから先は進めないのでここで折り返して来た道を戻ることになります。

景清洞は秋芳洞と違い観光客はあまり来ないようで、私たちは人とすれ違うこともなく貸し切り感覚で楽しむことができ穴場スポットでした!

景清洞の詳細情報はこちらです。

スポット名

景清洞

所在地

 山口県美祢市美東町赤3108

電話番号

08396-2-2201

定休日

なし(年中無休)

入洞時間

8:30~17:15
※受付16:30まで

入洞料金

大人(中学生以上)1100円

小学生600円

探検料金

300円(レンタル料込)

駐車場

あり(無料)

景清洞周辺スポット情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



上に戻る