たこ焼きパーティーが数倍も楽しくなる!定番から変わり種までを紹介します! | ともマムファミリーブログ

たこ焼きパーティーが数倍も楽しくなる!定番から変わり種までを紹介します!

お家で手軽に楽しむことの出来るたこ焼きパーティ!略して【たこパ】!

お友達や家族と具材はどうするか?など準備段階から楽しむことができるホームパーティにもってこいです!

普通のたこ焼きはもちろんおいしいのですが中身を変わり種に変えたアレンジたこ焼きもとってもおいしいです!

大人も子供もおいしく食べられるたこ焼きレシピを紹介します。

基本のレシピはこちらです。

まずは生地を作りましょう。

  • 小麦粉  250g
  • だし汁  700cc
  • 卵    1個
  • 薄口醬油 大さじ1
  • ねぎ   お好きなだけ

上記の材料をボウルに入れてだまがなくなるまで混ぜるだけ!

少し緩いかな?と思っても大丈夫です!

この生地をタコ焼き器に流し具を入れて焼くだけです。

生地の量のポイントはこちらです。

生地はタコ焼き器のくぼみだけでなくあふれるぐらいたっぷりと入れましょう。

はみ出た生地はくぼみに入れ込むように寄せていきます。

たこ焼き専用のピックを持っていない場合は竹串で代用可能です!我が家ではいつも竹串を使っています。

この作業で真ん丸なたこ焼きになります。

たこ焼きの中身の定番もちょい足しアレンジ可能です!

たこ焼きと言えば中身はもちろん「たこ」です。

たこ焼きを作る際たこをマヨネーズと一緒に入れるとマイルドでとってもおいしくできます。

たこ焼きのおすすめの変わり種はこちらです!

今までたこ焼きの変わり種を色々試してきましたが正直「おいしい!!」と思うものもあれば「微妙…」と思うものもありました。

今回は試してみて「おいしい!!」と思ったものだけを紹介します。

違和感なし!な変わり種。【エビ】です。

たこ焼きの具がたこじゃない食材に抵抗がある方にまず試してほしい食材は【えび】です。

注意してほしいことは生エビでなくサラダ用の蒸しエビか茹でエビを入れてください。生のまま入れてしまうと火の通りが心配ですし水分が出てきてしまいたこ焼きの生地が緩くなりすぎてしまいます。

たこと同様にマヨネーズを一緒に焼くとさらにおいしくなりますよ。

間違いなし!!な変わり種。【チーズ】です。

大人も子供も見た目も味も大好きなチーズです。

モッツァレラがよく伸びるのでおすすめですが他のチーズでもおいしいですよ!

この【ひとくちモッツァレラ】はタコ焼き器にちょうどいいサイズなので準備も楽で済むので特におすすめです!

他の変わり種と合わせて入れてもおいしく食べられるのでアレンジ力もUPします。

子どもや男性に人気!【ソーセージ】です。

子どもたちから圧倒的人気のソーセージです。

そのまま1本入れるのは大きすぎるので一口大に切って入れてください。

たこ焼きのボリュームもアップして食べ応えが出るので男性にも人気です!

野菜不足を少しでも補おう!【トマト】です。

たこ焼きだけだとどうしても野菜不足が気になります。少しでも罪悪感をなくすためにトマトを!

熱を加えると甘くなりとてもおいしいですが火傷に注意です!

チーズも一緒に入れると一気にイタリアンに傾くのでおすすめです!

たこ焼きデザート!【チョコ】です!

子どもたちの大喜びするチョコレートです!

一口大になっているものがいれるときにはとても楽です!

焼いてると甘~い良い香りがしてお腹いっぱい食べていても別腹で食べれちゃいます!

チョコだけでなく甘栗やイチゴなども一緒に入れるとさらにスイーツ感がアップします!

アレンジは無限大!

今回紹介したアレンジ食材はそれだけでもおいしいモノですが今回のアレンジ食材にプラスして更にアレンジしてみてください。

もしアレンジ食材の選択ミスでおいしくなくてもタコパをしてたらそれはそれで笑えて楽しめるはずです!

今回は中に入れる食材のアレンジでしたがかけるソースを変えるだけでもアレンジが増えるので色々チャレンジして楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



上に戻る