アウトドアワゴンは荷物運びだけじゃない!簡単DIYで素敵なテーブルに大変身! | ともマムファミリーブログ

アウトドアワゴンは荷物運びだけじゃない!簡単DIYで素敵なテーブルに大変身!

アウトドアワゴンはデイキャンプやキャンプサイトに車を横付けできない際荷物を運ぶのにとても便利なものです。

アウトドアワゴンはメーカーにもよりますが耐荷重80~100Kgのものが多くキャンプ道具一式乗せられます。

そんな便利なアウトドアワゴンですが荷物を運ぶだけでなくテーブルになるともっと便利に活用することができます。

今回はダイソー商品でアウトドアワゴンに使えるテーブルをDIYしたので紹介します。

アウトドアワゴンのDIYに必要なダイソー商品はこれです!

アウトドアワゴンのテーブルにぴったりサイズな木材はずばり!

ダイソーの桐すのこ(200円/税別)です!

200円商品ですがホームセンターで木材を買って加工するよりはお得な金額です。

このダイソーの桐すのこを4個使用します。

手芸コーナーにある【かばんテープ】を2本(1本100円/税別)を2本。

便利ベルトを1本使うので購入してください。

ホームセンターで購入するものはこれです!

丸棒2本(18mm×910mm)と木製ダボです。

使用する工具を紹介します。

今回使用する工具は、

  • 工具用タッカー
  • 工具用タッカー専用針
  • ドリル

この3個です。

この中でも工具用タッカー、タッカー針、木製ダボはダイソーでも販売があります。

アウトドアワゴンのDIY開始です!

まずはダイソーのすのこを分解します。

太い板のみ使用するのですのこの裏の細い木は折れても気にしなくても大丈夫なので遠慮なくばらばらにしていきます。

次は丸棒の両端にドリルで穴を開けます。

丸棒の穴に木ダボを入れます。

木ダボを入れたら先を丸く削ってください。

次は分解したすのこの板2枚にドリルで穴をあけます。

木ダボを入れる穴なので木ダボと同じ穴のサイズにしてください。

穴が開いたら木ダボを取り付けている支柱をこのすのこの穴に入れてください。

木ダボが長く穴から飛び出すようなら木ダボを切ってください。

穴をあけた部分より外側になるようにかばんテープをタッカーですのこにとめていきます。

まずは穴をあけてないすのこから!

その際すのことすのこの間に1円玉2枚を挟み止めていきます。

適度な隙間が均一にできるのでこの1円玉2枚挟む作業は絶対必要です。

タッカーはかばんテープがすのこにさえちゃんとつけばいいので2個でも3個でも汚くなってもいいのでしっかりとうってください。汚くなっても裏面なので気にしなくても大丈夫です!

穴の開いていないすのこ全部にかばんテープがついたら穴をあけたすのこにもかばんテープをつけます。

その際かばんテープを90度に折りタッカーでとめます。

穴の開いているすのこだけ他のすのことはとめる方向が違うので要注意です!

完成したらすのこ部分の木を自分好みに色を付けるとおしゃれで愛着のわくものになります!

アウトドアワゴンのテーブルの収納方法!

1円玉を2枚挟みすのこに隙間を作ったこの作業…実は収納のために必要な作業だったんです!

丸棒をすのこ板から外し、丸棒にすのこ板をくるくると巻き便利ベルトで留めたら持ち運びにも便利です。

キャンプなどの際にはアウトドアワゴンにキャンプ道具と一緒に入れれます。

アウトドアワゴンのテーブル製作費は?

今回のアウトドアワゴンのテーブル製作費は工具を入れなかったら2000円以内に制作できます。

工具も買ったとしても5000円以内に収めることができます。

アウトドアワゴンのオプション商品で販売されています。

値段を抑えようとすると収納が不便だったり収納のしやすさを求めると金額が高かったり…となかなか条件がいいものが見つからない場合が多いです。

慣れないDIYだと大変ですが長く使え、自分好みにアレンジできるものなので是非作ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



上に戻る